インターネットの光と影20090621               
01 インターネットの普及率はいまや7割を超え,多くの人が利用するようになりました. そして,様々なことが可能となり,インターネットは切っても切り離すことができない社会です. ネット音痴の危険性をお話しし,上手に付き合っていくためのお話をします. さらに,子供たちにどういう教育をしていけばいいかを考えていきたいと思います.
02 目次
簡単に自己紹介をします.私が小学校のときにはインターネットという社会はありませんでした. 今との大きな違いは,調べ物をする際に,はっきりと答えが出ます.小学での社会科の調べ物の ときには,百科事典を使いましたが,今は,インターネットにキーワードを入力するだけです.
ネット音痴の危険
ネット音痴の定義,そしてチェックリストを紹介します.
インターネットの光
インターネットの利用状況,小学生のネット利用状況,ネットの仕組みを紹介します.
インターネットの影
サイバー犯罪の実例と対処についてです.
まとめ
子供たちにとって,インターネットがある暮らしが普通です.したがって,親と子が一緒に 使いながら,ネットの仕組みを勉強し,モラルを学び,ネチケットを守り使って行くことが, 将来のために重要です.
03 自己紹介
大阪生まれ,兵庫育ち,岡山にきて20年. 小学生時代は,パソコンにあこがれ,中学時代から,パソコンをいじっていました.
パソコンを大きく分けると「ハード」と「ソフト」になります.私は,ソフトがなければただの箱だと いう思いで,情報系へと進みました.
04 ネット音痴の危険
ネット音痴には,以下の3つのことが言えます. 「技術面」ネットの仕組みを知らない.
「モラル面」ネットの向こうには人がいることを忘れてしまう
「運用面」仕組みや,モラルが分かっていても行動できなければ,意味がない

普段の生活で,「まあいいか」「ちょっとぐらい」というような気持で,いけないことをしてしまう時があります. たとえば,人や車があまり通らない道路での一旦停止など,違反する車をよく見かけます. 人や車がいるときは,止まればいいという気持ちでしょうが,インターネット上は,どこに危険があるかは,わかりません. 「ちょっとぐらい,怪しいサイト見てもいいでしょー」とか 「禁止されているソフトを利用しても,セキュリティ対策しているから大丈夫だろう」などという考えは, 絶対いけないことです.セキュリティ対策をどんなにしていたとしても,悪いことを考える人はさらにその先を 考えていたりします.
ネット音痴とならないための勉強は普通の生活のモラル改善にもつながるかもしれませんね.
05 ネット音痴の危険チェックリスト
次の項目にYesかNoで答えてください.

どこまで,対策をしていればいいのでしょうか?

後の方で,回答があります.
06 山陽新聞からの抜き出しです.
2009年3月28日 社会面
使用が禁じられたファイル共有ソフトを私物パソコンで使っていた赤磐署の男性巡査部長が停職されたというニュースです.
ここでは,ネットの仕組みをしっており,危険も知っており,その対策として,セキュリティソフトを使っていたという 状況であるが,やってはならないということをやっているということが分かる.
ネット音痴という観点から行くと,きっと,技術的な理解,モラルを理解していたが,ネチケットを守り行動できなかったという 典型的な例である.
07 ネット音痴の事件簿
この犯罪例を聞いて,あなたは具体的な手法がとられたか分かりますか?

実際の手口,そして,これに関連して,高度な手口が分かるでしょうか? 分かれば,技術面でクリアかもしれません.
そして,どのようなことに注意しなければ,ということがわかれば,OKですね.
なにごとにも安心ということはありませんが,とりあえずOK.
手口の大まかなところを次に示します.
08 段階として,1.カード番号を盗む,2.商品をお金に換えるという段階があります.
1−1.インターネット上からメールアドレスを取得します.
    インターネット上にはたくさんのHPがあり,個人情報があふれています.
    取得するためには,手動でなく,あるプログラムを使えば,あっという間に,集められます.
1−2.メールを送信する
    取得したメールアドレスに,あるメールを送ります.
    だまされた人が,カード番号などを犯人に送る
1−3.不正に取得したカード番号などを使って買い物をする
    買い物に使う情報は番号と名前,有効期限などで済みます.
    取られた方は,まだ,取られたことに気づいていません.
2−1.買った物を共犯者のセーフハウスに送る
    共犯者はネットに知り合った相手(もしかしたら,共犯者という意識が無いのかもしれません)
    共犯者は,犯人に送る.
2−2.ブラックマーケットでお金に換える
    品物を受け取り,それを売ってお金に換えるのみ.

手口は分かりましたか?
09 先ほどの事例の中で,不正に個人情報を取得する方法が分かりますか?
相手の心理を突くもの,それ以外に,ウイルスを仕込んでパソコンに侵入する方法があります.
さらに,ネットの仕組み,メールの性質を利用すると,いろいろな手口がありますが,公にしない方が良いと思います

精神面的に言うと
メールを送信する際に,個人情報を書いている,また,複数の人にメールを送信すると, その際に,他人にメールアドレスを知らせることになります.
さらに,普段から'やましい'ことをしていると,ちょっとフィッシングに使われるメールの内容にすぐに ひっかかることになります.普段からやましいことのないようにしたいですね.
10 インターネットが普及し,様々なことができるようになりました.その光の面を紹介します.
11 日本においては,2001年以降,e-japan戦略,u-japan政策と日本の情報インフラを整備し,発展を目指して取り組みを行ってきました. 現在,自律的IT社会の実現を目指しています.
12 このようにICTによって,インターネット上にひとつの社会が出来上がってきました.
すなわち,「伝達手段」はインターネットによって高速かつ広範囲なものになり,コミュニケーションは様々な形態をとり, ネットで友達を作ったり,さらには恋愛に発展し,そして,結婚するケースも少なくない. 「社会構造」として,買い物や,さまざまな手続きなどもインターネットを介して出来るようになった. そして,さまざまな価値は,大きく変わってきた.これまでの実社会に対してもうひとつの社会が形成されるようになった.
13 このような社会になり,次のような広告なども出るようになった.
これは,あるワイン農園の求人広告である.1か月に一万ドルの給料,期間は6か月. 何をするかというと,ワインを飲んで,農園の宣伝をブログに流すというものである. 選考のために,60秒の映像データを送って下さいとありました.
残念ながら,締切は過ぎてしまいましたが, このようなことが仕事になる世の中になったんだな〜と感じます.
14 一般的なことですが,Eメールによって伝達はこのような流れになりました
15 買い物は手軽になりました.
16 インターネットの利点を示すと次のようになります.
17 ユビキタスネットワークとはこういうイメージですが,これは16年度のもので,なんだかすでに多くのことが実現できるようになりました. さらに,これからどのような世界になるのか,楽しみであるが,不安でもありますね.
いろいろ楽しいことが簡単にできるというのは素敵です.
18 インターネットの事情として,いくつか紹介します.
私は,大学に居りますから,大学では,ネットによって次のように変わってきました.
・インターネットを利用した遠隔講義
・ビデオオンデマンド講義
・レポートなどの提出
学校内で講義を受けることには利点もあるが,インターネットを介して,自宅やその他インターネットの繋がる場所から 講義を受けるとにも時間や場所を超えて,講義を受けられるということから,さまざまな環境にある人たちが講義を受けられるなどの 利点があります.今後,両方のスタイルでうまく運営していく方法を考えていきたいと思います.
総務省から発表されたインターネットの利用に関するアンケート調査の結果です.
gooリサーチによる小学生をもつ親に対するアンケート結果です.
19 山陽新聞に報道された記事です.元データは,文科省のアンケート結果です.
携帯電話のトラブル状況です.さらに,家でなんらかの利用に関するルールを設けている場合は, 利用マナーを身につけている割合が多いという結果が出ています.
20 次にインターネットの仕組みについてお話します.
21 インターネットは1960年以降のお話となりますが,日本ではやはり,Windows95が出た年からインターネットが 広がり始めました.
ちなみに,光ケーブルは,電柱を見上げると次のようなものが見えます.
黒い箱は,電話線のケーブルを束ねているエンクロージャです. そしてねずみ色の箱が光ケーブルのものです.
22 インターネット上では,どのようなデータの流れになっているか知っていますか? 電話とはちょっと違います.国内では管理しているのが,主にNTTです.しかし,インターネットは誰が,管理していますか? その仕組みとして,実はいろいろなルータと呼ばれるものを経由しています.
23 このように,いろいろ経由しており,そのなかで悪意ある人が管理しているルータ,または監視している人がいた場合,データは筒抜けになってしまいます.
24 ここでは,有名な検索サイトYahooにアクセスする際にどのようなルータを経由するか示したものです. いろいろな場所を経由していることが分かります.
25 この仕組みゆえに,インターネットは接続できるようになっているのですが, しかし,悪意あるものがおれば,いくらでも盗聴可能となります. それゆえ,最近では,クレジットカードの番号を入力する際に 暗号化通信という話を耳にすることがあると思いますが,結局, データは第3者に見られているということを理解しておきましょう.
26 メールを受信する際には,このような流れになります.
27 さて,インターネットの影の話に入る前に,このようなメールについてどう思いますか?
これらは,Eメールを使っているとよく目にするような迷惑メールの文面です.いかがですか?
28 さて,インターネットの影の部分についてのお話です.
29 サイバー犯罪については,警察庁のサイバー犯罪対策のページから色々な情報を得ることができます. もちろん,犯罪やトラブルに巻き込まれた際は,このホームページから,報告することができます.
セキュリティホールを攻撃して不正行為を行ったり,不正プログラムに感染したコンピュータから他人のIDやパスワードを盗んだり という行為は,全体の約30%である.そして,ネットワークを利用した詐欺や売春,出会い系サイト規正法違反などの犯罪がほとんどである. インターネットを技術の面で犯罪防止する方法は,技術的に解決できる面が多くあるが,インターネットを利用して行う犯罪には, その犯罪を行うもののモラルの問題が多くある.
30 インターネットには次のような欠点がある.
偽装することはいくらでも可能であり,どこに悪い人がいるかはすぐには分からない.
また,意識しない間に,自分自身が加害者になっていることがある.
最近の犯罪は,組織犯罪になってきており,その手口は巧妙である.
31 ネット音痴の危険
最初に示したチェックリストです.
いずれも「No」です.どれも安全な話ではないということを認識しましょう.
技術的に守る手段はいろいろあります.
その次は自分たちのモラルやネチケットが重要です.
32 ここで,Eメールや情報発信の注意について確認しておきます. ここで,書いてあるネチケットは,ネット上のエチケットというものですが, 基本的には,実社会のマナーと同じことです.相手のことをよく考えていけば,何をしてはいけないということが 分かるはずです.
33 山陽新聞,2009年3月28日
ブログ炎上の記事です.
お笑いタレントのブログに大量の誹謗中傷が書きこまれた事件です.
このように,大量の誹謗中傷を書き込み,ブログなどのホームページを攻撃する行為を「炎上」と呼び, サーバー自体の負荷も大きく,その書き込みによって,本人の名誉は傷つけられることとなる.
また,ネット上の嫌がらせの書き込みが年々増加している傾向にあります.
モラル教育が必要だと心から思います.
34 山陽新聞,2009年6月11日
具体的に,不適切な書き込みに対して処罰された例です.

また,有名な話では2005年に韓国で起きた「犬糞女」事件がありました.
ちょっとした書き込みが,大きな事件まで発展した典型的な例です.
ネットで検索して調べてみてください.
35 まとめ
ネットの世界では,しっかりとしたモラルを持っていないとそのことが,トラブルの原因になることがあります.
そして,犯罪を犯すものたちには,明らかにお金を奪おうということをたくらむ者や,気軽な気持ちで 犯罪を犯す者などいろいろいます.みんながネット上手の良い人ばかりであれば,きっとネットの世界は最高の世界と なるでしょう.犯罪が多い状況が続けば,さらに規制がかかる事態となってしまうことが考えられます.
そうなると,自分のページを更新したり,掲示板に発言するのでさえも検閲を受けなければ,公開できないなどという 自体が生じるかもしれません.
現在でも,掲示板において不適切な行為があった場合は,その管理者が処罰を受けるという事態も考えられるので, 管理者はユーザーの発言を管理するということが当然となる可能性があります.すでにそういうサイトも増えてきています.

犯罪として,どのような犯罪があるかなどはこまめに警察庁のHPなどをチェックしておくことをお勧めします.
36 さて,最初に紹介したインターネット事件の話のオチであるが,実は,この事件の起こった際,話題となったのは.
実は
この国の警察はネット音痴で,ネット詐欺などに対する処罰は無く, 一般的な詐欺に対する処罰があるが,たとえ1億円を詐欺で稼いだとしても, 6か月の懲役程度で済んでしまうのである.
37 おわり
38 資料:モラルの向上を
学校裏サイトについてです.
39 資料:具体的な対策事項
40 資料:山陽新聞,2009年6月4日
盗品がネットオークションに出品されていたという記事.
41 資料:インターネットの欠点
42 付録:小学生の親たちへ
今回は,小学校での講演ですので,親たちへのコメントです.
43 インターネットを使っていないお家では,きっと子供たちがそのうち, インターネットを使いたいと言ってくると思います.
その際の子供たちの気持は,こんなところかなというのを挙げてみました.

いろいろと興味を持つ時期ですから,いろいろあると思います.
理由の一番はゲームや趣味などでしょうが,建て前として勉強を挙げるでしょう.
44 インターネット環境は持つべきか
45 利用上のルールとマナーについて
46 エリクソンによる人間の心の発達段階
47 学童期の心の成長
基本的な社会的ルールと技術を学ぶ時期です.インターネットについても たくさん経験させて,何が危険か,どう使うべきなどを一緒に学習していくといいでしょう.